悩める女性への秘策・骨粗鬆症はサプリメントで軟骨を構成している成分を増やす

女性

遺伝だとあきらめないこと

家族

25歳程度まで伸び続ける

身長は遺伝で決まるといわれていますが、その割合は25%程度です。それ以外は、睡眠や栄養、運動の状況によって決まります。そのため親の身長が低いからと言って今後も伸びることはないとあきらめる必要はないのです。親の身長とほぼ同じくらいの成長なのは、遺伝ではなくあくまでも同じ生活をしている中でも食事や運動の内容が似ているからです。身長は子供のころに大きく成長します。そのため子供のころに睡眠や食事運動に気を使うとその分身長に影響を及ぼします。男子であれば中学生から高校生程度まで、女子でも中学生程度までが身長の成長期になります。しかし成長期を過ぎたからと言ってあきらめる必要はありません。身長伸ばすのは男性で25歳程度、女性で22歳程度まで余地があるのです。

睡眠と食事と運動

身長伸ばすために一番必要なのは睡眠です。成長ホルモンは寝ている間に一番多く分泌されます。成長ホルモンが分泌されなければ、食事や運動をいくら行っても身長は伸びません。従って身長伸ばすうえで一番大事なのが睡眠になるのです。睡眠は長時間寝ることが利用ではありません。あくまでのも質が大事なのです。脳と身体がしっかりと休んでいる状態で成長ホルモンが分泌されます。質の高い眠りを心がけることで身長伸ばすことにつながるのです。そして栄養バランスのとれた食事です。カルシウムが重要と言われますが、カルシウムだけでは不足です。体全般にバランスの取れた食事を行うのが効果的なのです。またカルシウムが配合されたサプリメントを摂取するのも一つの方法です。いまは噛んでも美味しいタイプもあるので、小さな子どもも、また成長期の子どもも手軽に飲めるようになっています。運動や普段の食事、サプリメントの活用で身長伸ばすようにしましょう。